しまねウッドスタイル

古志原の家

受賞
しまねウッドスタイル作品コンテスト2013 大賞
設計事務所
宇佐美建築設計室
設計者
宇佐美 淳
建築主
今岡 洋二
用途
一戸建住宅
延床面積
140.16m²
施工者
株式会社 御船組
竣工
2012年(平成24年)

ごく普通の新興住宅地に建つこの家は若夫婦と子供一人の家です。
今時珍しく畳の居間とした、続き間のある家となっています。
畳の居間は堀り床式の造り付座テーブルになっています。客間が8帖、予備室が6帖、居間が8帖の計22帖は、間境にある仕切襖が全て袖壁に収納できるようになっており、一室としても使えます。
真中の予備室は、まだ子供が小さい時期は全員で寝る場所にもなっています。この畳空間3室は座った時の目線を意識し、廊下や台所より30㎝上げています。
どっしりとした平家的な切妻大屋根空間の中に2階部分(寝室、子供室の2室)が収まっています。
全体的に古民家風としたデザインとなっています。