しまねウッドスタイル

小さなお宿 泉弘坊

設計事務所
杉本建築設計事務所
建築主
細川 隆弘
用途
旅館
延床面積
191.00m²
施工者
清水工務店
竣工
平成25年11月

大田市三瓶川沿いの長閑な地に、モチの古木に寄り添うよう現れる湯治場の小さな宿。
ここは江戸中期、諸国霊場行脚する僧「泉弘法」によって発見された霊泉の湯治場として古くから知られ、宿の名前の由来にもなっています。元々あったモチの古木はそのまま残し、訪れる人々の目印にもなっています。
外観は、数寄屋風のアプローチに広い間口の玄関。内部は、地元の杉板が廊下・洗面廻りの壁・建具に使用され、木の香と杉の柔らかな質感が湯治場らしい落ち着いた空間を演出しています。
のんびり温泉に浸って、美味しい食事も頂いて、身も心も癒してみてはいかがでしょう。