しまねウッドスタイル

むらた耳鼻咽喉科

受賞
入選
設計事務所
宇佐美建築設計室
設計者
宇佐美 淳
用途
診療所
延床面積
188.85m²
施工者
(有)石川工務店
竣工
2015

雲南市の平成記念病院から、西の坂道を下ったところの、第一種住居地域内に位置します。

東西36m、南北20mの敷地で、南側幅員15mの道路に接道しています。

又、北隣地は約2m低く、東隣地も低い所で80cmくらい段差があり、南側道路も西から東へ穏やかな下り勾配となっており、必然的に駐車台数を多くとるためには、敷地西側約半分を駐車場とし、東側に建物位置としました。

平面計画としては、交差動線にならないよう、診察部門へのINとOUTを分け、また視覚的にも配慮し、医療スタッフも使い易い動線計画となっているのではないかと思います。

構造計画としては、診察室や待合室等できるだけ柱のない広い空間とするために、両桁行き方向に、2m間隔で平面的に1m程外に突出した三角状の控壁柱を設け、集成材梁でつないでいます。

木構造架構は、耳鼻科ということもあり、音に対してはできる限り遮音が必要で、天井内に隠れ、又、大壁構造となっています。

外観は、この三角状の控壁柱で印象付け、目隠しや日除けの一定の効果となっています。屋根は、診療所という固いイメージをやわらげることをねらい、R屋根としました。

又、壁も左官壁となっています。

内部は清潔感から、白を基調とした空間ですが、建具、家具等を木質とし、照明器具も天井に埋め込んだ建築化照明とし、シンプルな空間としました。