しまねウッドスタイル

ECO・カーステーションK

設計事務所
村上建築設計事務所
建築主
有限会社 オートボデーK
用途
自動車販売店舗及び自動車整備工場
延床面積
474.53m²
施工者
有限会社 建人
竣工
平成24年7月30日

依頼主の「未来に向けた夢のある建築を」から、地域材を積極的に利用した、全国でも例の少ない木造の“自動車整備工場併設ショールーム”が完成した。
木構造に対する耐力・耐火性能などの厳しい基準も4本組柱と合わせ梁工法などを用いることでクリア。
エコロジカルで、人にやさしいユニバーサルな店舗づくりをコンセプトに出来上がったショールーム棟は、中大スパン架構の木造化と内部の木質化により、木質感が十分に実感できる“あたたかみ”のある空間に仕上がっている。
●木材のトレーサビリティ管理を徹底して実施、ウッドマイレージ指標により、流通によるCO2削減効果も数値化した。仕上げ材には、隠岐産マツ材のフローリング、県内産のスギ、ヒノキを利用している。
●中大スパン架構は、5.7m×5.5mの平面グリッド構成で、150ミリ角の4本組柱と240ミリ角を中心とした合わせ梁で構成した。
●筋違いと格子組による耐力壁を組み合わせた壁構造として、耐震性能評価等級3をクリアした。(建築基準法の水平耐力の1.5倍の耐震性確保)
●当初、木材の燃え代準耐火構造を計画したが、木材含水率の法基準15%を確保する木材の入手が難しく、燃え代準耐火構造の基準を満たす木材サイズの4本組柱と合わせ梁の採用によりクリアして、高い耐火能力も備えている。